solidity

  • Published on
    hardhatでdeploy済みのcontractにabiを使って接続しインタラクトしたいときのやり方を紹介します。例えば、ある特定の人のwallet addressのUSDCの残高を確認したいとします。 その際には、下記のようにhardhatで記載してあげたら、確認できます。erc20のabiはその辺に落ちているので、例えばこちらから拾います。肝となる部分は、new hre.ethers.Contract(token.contractAddress, erc20, account)
  • Published on
    solidityで複数行の文字列を書く方法を紹介します。一番単純なのは、""で繋げるのが一番簡単です。あるいは、abi.encodePackedを使って、下記のように連結することもできます。
  • Published on
    hardhatで、デプロイしたcontract(コントラクト)に繋いで、メソッド呼びただし等をする方法を紹介します。とても簡単でまずは`hardhat-ethres`を`require`して、 その後に`ethers.getContractFactory`でfactoryを作り、 あとは、`attach`でデプロイしたcontractに繋げるだけです。
  • Published on
    スマートコントラクト(solidity)でether(ETH)を受け取るコントラクトの書き方を紹介します。 実はとても簡単で、`recieve`と`fallback`を定義してあげるだけで送ることができます。
  • Published on
    solidityを使っていて下記のwarningを消す方法とそもそも何でているのかを説明します。 Warning: SPDX license identifier not provided in source file. Before publishing, consider adding a comment containing SPDX-License-Identifier SPDX-License to each source file. Use SPDX-License-Identifier UNLICENSED for non-open-source code Please see